風景とマラソンと読書について語るときに僕の撮ること

mitaphoto.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 30日

『ノーザンライツ』『ゼンカン』『雪煙チェイス』

こんにちは。
三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

またまた更新をサボってしまい3冊まとめていきます。
『ノーザンライツ』星野道夫
d0040267_21475931.jpg

彼らはオーロラを、
ノーザンライツ、北極光と呼ぶ。

この作品の最終章は
『極北の原野を流れる”約束の川”を旅しよう Ⅰ』

Ⅱを書く前か、書いている途上でクリル湖畔に設営したテントでヒグマの襲撃に遭い死去。

『ゼンカン』安東能明
d0040267_21493644.jpg

まだこの作家さんの作品は半分も読んでいないけれど、
普通の能力の警察官が地道に努力を重ねて犯人逮捕に至る的な作品が多いような気がします。

しかし本作では辰巳という天才肌が登場しています。
そして、殺人以外の捜査にスポットを当てた短編集だったので、
『殺人のある純文学』を好む私には物足りなかな?と予想していたのですが、
割と面白かったです。

『雪煙チェイス』東野圭吾
d0040267_21513231.jpg

書評を見てみれば、案の定酷評ですね~。
さらっと読みたい気分のときには、このての作品は良いと思うのですが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
[PR]

by mitaphoto | 2016-12-30 21:44 | 読むこと


<< 知念岬      都会の星の通り道 >>