風景とマラソンと読書について語るときに僕の撮ること

mitaphoto.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 18日

『尾根を渡る風』『限界捜査』『侵食捜査』『死神の浮力』『首折り男のための協奏曲』

こんにちは。
三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

またまた更新をサボってしまい5冊まとめていきます。

『尾根を渡る風』笹本綾平
d0040267_23231735.jpg

氏の作品にしては、一難去ってまた一難が起こる訳ではないが、
山岳小説と警察小説を程よく掛け合わせた良書。

『限界捜査』安東能明
d0040267_23245100.jpg

引き続き、この作家を読み漁っていますが面白かったです。
皆の意見は?と思い書評を覗いて見れば、皆さん評価低いですね。
確かに、特に後味の悪い犯罪内容でしたが。。。

『侵食捜査』安東能明
d0040267_23254261.jpg

前回に続き、生活安全課が舞台の疋田務シリーズ。
・3の刻印の謎・病院乗っ取り・医療過誤・復讐・美容整形etc.
もう盛り沢山(^^)

『死神の浮力』伊坂幸太郎
d0040267_2327913.jpg

短編集だった『死神の精度』の続編ですが、今度は長編。
面白かったけれど、やはり短編集だった前作のテンポ良さには敵わないかな?
次はまた短編集希望です。

『首折り男のための協奏曲』伊坂幸太郎
d0040267_23302689.jpg

なんか変だな~と思っていたら、こちらは短編集だったのですね。
しかも、それぞれが微妙に関係しあっている。
タイトルは不気味ですが、何度も可笑しくて笑わせてくれました。
そんな中で、「僕の舟」という章が、あり得ないけど心温まるストーリーで一番好きです。
それと、最後の「合コン」は参考になりました。
もう、呼んでもらえることはないでしょうけど。。。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
[PR]

by mitaphoto | 2016-12-18 23:34 | 読むこと


<< 僧上寺と星降る夜      キリストの誕生とオリオン >>