風景とマラソンと読書について語るときに僕の撮ること

mitaphoto.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 30日

『慟哭』

こんにちは。
三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

今朝の読了は、再読ですが貫井徳郎さんの『慟哭』でした。
d0040267_21101696.jpg


『微笑む人』『ドミノ倒し』と、私にとっては???が続いたので、貫井さんの原点に戻ってみました。

やはりと言うか、当たり前と言うか、改めて凄い作品だと思います。
デビュー作で、この作品を書いてしまったことは、貫井さんにとっては不幸だったかも知れません。

『乱反射』や『灰色の虹』など、近年でも面白い作品はありましたが、
なかなか『慟哭』を超えるのは難しいのではないでしょうか?

同じように新興宗教をテーマにした『夜想』もありましたが、
読んだときには面白いと思いましたが、やはり『慟哭』を読み返してしまえば、、、
同じテーマで臨んだだけでも凄いことかも知れませんが。

とにかく、実力者であることは間違いないのですから、
また次回作が文庫になれば、読むと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
[PR]

by mitaphoto | 2016-07-30 21:21 | 読むこと


<< 12km      関東地方梅雨明け >>